タイ料理の歴史

土曜日 , 8, 7月 2017 Leave a comment

間違いなく、世界中で最も人気のある料理の一つですが、どうしてタイ料理はそんなに人気なのでしょうか?どのようにタイ料理は生まれたのでしょうか?

タイ料理は、シンプルかつ巧みに、東洋と西洋の影響を調和させたものです。酸味、甘味、塩味、苦味、スパイシーな風味がマッチして美味しい料理を作り出します。タイ料理は、料理がどの地域や地帯から影響を受けたかによって種類が異なります。これらの地域には、北部、北東部、南部、中央部が含まれます。

昔から水生動物、植物やハーブはほとんどの料理に使われています。仏教的な背景から、肉に多用せず、代わりにこま切りにした肉がハーブや香辛料で味付けされたり、焼いてスライスしたりします。

伝統的なタイ料理は煮込んだり、焼いたりしますが、現在のタイ、ラオス、ビルマ(ミャンマー)、カンボジア、ベトナムの地域は、焼く1400年前に古代中国によって建国されたことで、中華圏の人が東南アジアへ移住し、炒めもの、揚げ物も一般的になり、今ではパッドタイ(中華麺)やカオパッド(チャーハン)がタイ料理の定番になっています。

17世紀以降では、ポルトガル、オランダ、フランス、日本の食文化の影響を受けました。

以前にタイの唐辛子の歴史を書きましたが、お忘れの方もいるかもしれないので、唐辛子は当初16世紀後半に南アメリカの香辛料を好んだポルトガル人宣教師たちによってもたらされました。

タイ人はいろいろなものを融合することに長けていることで知られていますが、料理においても食材を置き換えることをしました。例えば、インド料理で使われるギーはココナッツオイルやココナッツミルク(現在ではタイ料理ではとても人気のある2つの食材)に置き換えました。

信じがたいかもしれませんが、タイ料理は以前は今よりもっとスパイシーなものでしたが、次第にマイルドになってきていて、タイカレーでは香辛料があまり使われなくなり、レモングラスやガランガ根などの新鮮なハーブがたくさん使われるようになりました。

タイでは伝統的に、今では古風な家屋で見られるような床の上やカーペットの上に座って、食べ物は右手で食べられていました。しかし、現在ではフォークとスプーンを使っていて、中国の影響を受けているにもかかわらず、麺を食べる時には箸はほとんど使われません。

今日では、観光地として地域経済力が料理に大きな影響を及ぼしており、特に大きな都市や観光地では、マクドナルド、サブウェー、KFC、ピザハットなどのファーストフード店の人気が上がっていますが、観光客や駐在員だけが利用するだけではなく、タイ人も多く利用しています。一般的にタイ人は、ブランドとしての「西洋料理」とされるものを好む訳ではないですが、ファーストフードが今後さらにタイ料理に変化をもたらすだろうとされています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です