素晴らしい料理が食べられるバンコク5

水曜日 , 28, 6月 2017 Leave a comment

21.パッドガパムーカイダオドゥ

地元のタイ人が何を注文すればいいのか分からなければ、それはほぼ間違いなくパッドガパムーカイダオドゥになります。どんな人にとっても美味しいだろうと信頼があり、満足させられるのが炒め物です。鶏肉、豚肉かひき肉をにんにく、唐辛子、青菜と一緒に油でいためて、ガパオで味付けします。炒り卵をご飯の上にのせて食べても美味しいです。どこででもほとんどありますが、近所の飲食店で美味しいパッドガポウが食べられます。

22.ガイパットメットマムアン

熱く熱した中華鍋で鶏肉、タマネギ、乾燥唐辛子、カリカリのカチューナッツを炒めます。オイスターソース、ナンプラー、砂糖などのスパイスで、米と絶妙にマッチするソースを作ります。

ランチタイムには人でごった返している、ピンクラオの隣にある衣料品市場のピントングプラザにあるタムライレストランで食べられます。午前11時半から午後8時半まで営業しています。

23.プラーカポンヌンマナーウ

スパイスの効いたライムの果汁で一匹まるごと蒸されたスズキを魚型の金属製の鍋に入れ、下からロウソクの火で続けて蒸します。甘く蒸された魚が口の中で溶けて、生のニンニクと青唐辛子のコリアンダーソースがライムの風味を突き抜けて感じます。

ヤワラートのT&Kシーフード(チャイナタウン)では、タイと中国のシーフード料理をお楽しみいただけます。夕方からレストランは通りに椅子とテーブルを準備して、夜にはお客さんでいっぱいになります。

24.ゲーンソムプラーチョン

揚げた雷魚は、甘くて酸味と強烈に辛いスープが染み込んでいます。魚は通常、魚の形をした金属製の鍋に載せられ、時には野菜や様々なハーブが積み重ねられます。料理がキッチンから運ばれてくるとき、美味しそうな香りが漂い、周りの人達が羨ましがるでしょう。

芸術的で野菜たっぷりのゲーンソムプラーチョンは、キング・パワーセンターの向かいにあるアーハン・イザン・ロッド・デイ、3 / 5-6タノン・ランナム通りにあります。

25.プラーパオ

ソムタムともち米で食べる人気の魚料理は魚の塩焼きです。魚に始めにレモングラス、ライムの葉、と香味をつける材料を詰め、次に塩をまぶして厚くコーティングをします。そして焼きますが、絶対に焦げないでとても美味しくなります。焼きあがりは、口の中でとろける柔らかく甘い魚の白身が出来ます。噛む必要はほとんどありません。プラーパオは、雷魚、ティラピアやスズキなど様々な種類の魚で作られます。

ティダイーサン・レストランは、1 / 2-5ランナム通り、パヤタイ、ラッチワイで食べられます。

26.ヤムプラードックフー

タイ人のお気に入りは、ヤムプラードックフォーです。最初は、ナマズをふわふわに上げたもののように見えるかもしれませんが、マンゴー、砂糖、ライム、赤タマネギ、コリアンダー、エビ、イカ、ピーナッツソースを加えると、ふわふわした食感は、一口でタイの味と食感を全て合わせたザクザクした食感になります。

サイアム・パラゴン・モールの向かいにあるサイアムスクエアのクラム・レストランでは、素晴らしいヤムプラードックフーを味わうことが出来ます。ランチタイムには、学生やビジネスマンたちでいっぱいになって待っています。2通り、シアムスクエア、バンコク。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です