素晴らしい料理が食べられるバンコク6

月曜日 , 3, 7月 2017 Leave a comment

27.ソムタム

ソムタムはおそらくタイで最も有名なサラダです。ニンニクと唐辛子をまず乳鉢と乳棒で潰します。タマリンド果汁、ナンプラー、ピーナッツ、乾燥エビ、トマト、ライムジュース、サトウキビペースト、さやいんげん、千切りにした青パパイヤをすり鉢に入れます。甘くて塩味があり、スパイシーな風味は青パパイヤのパリパリした食感と、もち米と非常にマッチします。カニ(ソムタムブー)と発酵魚ソース(ソムタムプララー)で作ったものなど多くのバリエーションがあります。

バンコクのどの屋台でも美味しいソムタムを食べられますが、お探しでしたら、ピンクラオの隣にピンバン・トゥム・レストラン、ピン・ナン・マーケット・ブロックR28-R29をお試しください。 

28.カノムジーン

薄く軽い食感で非常に柔らかいカムジーンは、発酵米から作られた麺です。カノムジーンナムヤ赤カレー魚のボール)、カノムジンナムプリ(甘い唐辛子のペースト)、カノムジーンゲーンクーワンガイ(緑チキンカレー)などのカレーの種類を選び、その上にキャベツやキュウリといった付け合わせを盛ります。

MBK(マブーンロン)モールの5階にあるカノムジーンビュッフェチャオディンでは、59バーツで食べられます。

29.ガイパットキング

ショウガがこの料理の主役で、大量のショウガ、骨なし鶏肉、様々にきのこ、タマネギ、唐辛子、オイスターソースで一緒に炒め、調和をなします。どんな料理にも合うので、地内のほとんどのタイ料理のレストランで食べることが出来ます。

30.パットパックブンナムマンホイ

野菜嫌いの人だとしても、空芯菜は好きかもしれません。空芯菜は小さい葉を持つ茎系の野菜です。それをニンニク、オイスターソース、唐辛子を高熱でさっと炒めて、食感を残したまま新鮮な風味を保ちます。

パアウ・レストランは、空芯菜を使った料理の老舗だと言えます。住所はパハンヨチン通り1826ルーチャ通り、パヤタイ、バンコク。

31. ナムプリックカピ

ナムプリックカピは蒸し野菜と小魚とご飯と辛口の発酵したエビペースト入りチリソース

をかけて一緒に食べます。町の屋台では蒸したキャベツ、ナス、サヤインゲンだけでなく、プラツのような小さな塩漬けの魚も、ナムプリックカピ用に持ち帰りように売っています。濃厚で塩味と魚のだしのようなソースは、味に深みを増します。魚臭さが苦手な人は気になるかもれしません。

パアウ・レストランはパハンヨチン通り1826ルーチャ通り、パヤタイ、バンコクの隣にあります。

32. パッシーイウ

これは、エネルギーをもらい元気になるランチメニューです。幅広の米麺を鍋で炒めて、ニンニク、豚肉、中華ブロッコリーに濃い醤油を味付けしています。卵が麺の中で混ぜられて、風味が増します。お好みで、砂糖、唐辛子、少量の酢を加えてお好きな味を完成させます。

ランガイジャブジャンダンは、ラッチャワイ通り、通り6の近く、サイアムコンピューターと語学学校のすぐ近くにあります。屋台は、午後5時頃現れて、午前2時ごろまで開いています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です