素晴らしい料理が食べられるバンコク7

火曜日 , 11, 7月 2017 Leave a comment

33.パッタイ

パットタイはおそらくタイ国外での方が有名であり、観光客か夢中になっているものです。あまりにも有名なので、あえて紹介はしていませんでした。中太の米麺は、豆腐、ピーナッツ、エビ、長ネギ、もやし、ニンニク、コショウ、ナンプラー、ライム果汁などの材料と一緒に炒めます。スクランブルエッグを麺と一緒に混ぜることによって、うま味が増します。パットタイは、ライムを絞って、砕いたピーナッツと食べると美味しいです。お好みで砂糖、唐辛子、酢など少し入れます。

パットタイは町の様々な屋台で食べることが出来ます。ワット・ラチャブラナ(寺院)の門のすぐ中には、サファーン・プート市場の近くの通りにも屋台があります。 夕方から深夜まで営業しています。

34. クォイティオ・ルア

クォイティオ・ルアは、ボートの上で売られていたところから、タイで「ボートラーメン」として知られています。甘めの豚の血が入ったスープに、センヤイ(広米麺)、センレク(中米麺)、センミー(細米麺)、またはウォンセン(春雨)を選びます。牛肉、豚肉、肝臓、豚肉のボール、そして空芯菜も少し入れます。特徴的なのは、器が小さいので、3-5口で食べられるので、夕食には何杯も食べるので、誰が空いた器を一番高く積めるのか競っていることもあります。

ボートラーメンは、パホンヨーティンに向かう道にあるボートラーメンの勝利記念碑にあるスド・ヨード・ガイ・ティー・リュア(「ベスト・ボート・ヌードル」)

に行くと体験出来ます。午前11時から午後9時まで営業しています。

35. クォイティオ・ヌア

センレクまたは、中太の米の麺は、もっと一般的なスープ麺です。牛肉の麺や豚肉と豚ミートボールの麺は、ランチメニューのお手軽なおススメです。時間をかけて煮込んだスープを、麺と柔らかい肉の上に流し込み、もやしや空芯菜を少し入れて、大なべで茹でられてから器に盛られます。もともとは、この料理は唐辛子を入れませんでしたが、今ではもっと美味しくするために少量の唐辛子を入れることもあります。

493/18 ターロン ラチウィチ(勝利記念碑)、パヤタイにある、クォイティオルックスキン・ディスコ・レストランでは非常に美味しい牛肉のスープ麺が食べられます。ランチに最適な場所で、午前10時から午後3時まで営業しています。

36.クォイジャブ

1インチのたばこのようにみえる幅広の米麺を薄茶色でこってりしたスープに加えるのが、クォイジャブです。サクサクに揚げた豚皮、肺、タンや、長ネギなどの材料を一緒に入れます。料理の強力な味付けは、黒コショウです。

クォイジャブのおススメのお店はいくつかありますが、ヤオワラット通り、イットサラヌファ通り(11)のチャイナタウンには素敵なお店があります。屋台は、露店は午後5時から深夜まで営業しており、常に混雑しています。

37. クォイティオルイスアン

四角いトルティーヤの形の大きく薄い米で作られた生地は、タイ風の生春巻きのための皮として使います。豚ひき肉、ニンジン、レタスを混ぜて、生地に包んで春巻きを作り、レタスの葉とガパオで食べる。甘み、酸味、スパイシーな緑のディップソースをつけるとまた驚くほど美味しいです。

美味しいクォイティオルイスアンは3バロムラチョンアニー通り、アルンアマリンバンコクンーイにある、テスコロータスハイパーマーケットピンカロのすぐ外にある屋台で食べることが出来ます。午前10時頃から午後6時まで営業しています。

38.チャイエン

タイのコーヒーとお茶は世界から比べると、非常に甘いです。食べ物ではないですが、明らかに清涼飲料として、ご紹介した屋台でも売られています。タイのアイスティーと呼ばれていますが、実際のお茶の味はコンデンスミルクが大量に入っていて甘く、冷たく冷やされているのでよく分かりません。「カーネーション」と書かれている屋台にはチャイエンは必ずあります。またバンコクのすべてのコーヒーショップ、飲み物屋さん、レストランでチャイエンを注文することが出来ます。

39. カオニャオマムアン

黄色いマンゴーともち米はみんな大好きです。超もちもちのもち米の上にとっても甘くて柔らかく熟したマンゴーを盛ります。ココナッツクリームのシロップをかけると更に美味しいです。マンゴーの入荷状況によりますが、多くの屋台で食べることが出来ます。

パヤタイパホニョティンのルチャ通り1に、美味しいカオニャオマムアンがあります。素敵なタイ料理のお店では定番として提供しています。

40. サンカヤーファクトーン

中くらいの大きさのカボチャが中をくり抜かれ、とろっとしたココナッツクリームがいっぱいに入れます。カスタードが固まるとカボチャはピザのようにスライスされます。砂糖をまぶしたカボチャにココナッツカスタードを添えて食べます。甘くて美味しいです。

このカスタードクリームを作るのには時間がかかるので、ラチウィチ通り6、ブルーンメビルのパオセインレストラン(通称:カボチャ姫)では、通常夕方から夜に販売されます。レストランは午前10時頃から午後10時まで営業しています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です