21.パッドガパムーカイダオドゥ

地元のタイ人が何を注文すればいいのか分からなければ、それはほぼ間違いなくパッドガパムーカイダオドゥになります。どんな人にとっても美味しいだろうと信頼があり、満足させられるのが炒め物です。鶏肉、豚肉かひき肉をにんにく、唐辛子、青菜と一緒に油でいためて、ガパオで味付けします。炒り卵をご飯の上にのせて食べても美味しいです。どこででもほとんどありますが、近所の飲食店で美味しいパッドガポウが食べられます。

22.ガイパットメットマムアン

熱く熱した中華鍋で鶏肉、タマネギ、乾燥唐辛子、カリカリのカチューナッツを炒めます。オイスターソース、ナンプラー、砂糖などのスパイスで、米と絶妙にマッチするソースを作ります。

ランチタイムには人でごった返している、ピンクラオの隣にある衣料品市場のピントングプラザにあるタムライレストランで食べられます。午前11時半から午後8時半まで営業しています。

23.プラーカポンヌンマナーウ

スパイスの効いたライムの果汁で一匹まるごと蒸されたスズキを魚型の金属製の鍋に入れ、下からロウソクの火で続けて蒸します。甘く蒸された魚が口の中で溶けて、生のニンニクと青唐辛子のコリアンダーソースがライムの風味を突き抜けて感じます。

ヤワラートのT&Kシーフード(チャイナタウン)では、タイと中国のシーフード料理をお楽しみいただけます。夕方からレストランは通りに椅子とテーブルを準備して、夜にはお客さんでいっぱいになります。

24.ゲーンソムプラーチョン

揚げた雷魚は、甘くて酸味と強烈に辛いスープが染み込んでいます。魚は通常、魚の形をした金属製の鍋に載せられ、時には野菜や様々なハーブが積み重ねられます。料理がキッチンから運ばれてくるとき、美味しそうな香りが漂い、周りの人達が羨ましがるでしょう。

芸術的で野菜たっぷりのゲーンソムプラーチョンは、キング・パワーセンターの向かいにあるアーハン・イザン・ロッド・デイ、3 / 5-6タノン・ランナム通りにあります。

25.プラーパオ

ソムタムともち米で食べる人気の魚料理は魚の塩焼きです。魚に始めにレモングラス、ライムの葉、と香味をつける材料を詰め、次に塩をまぶして厚くコーティングをします。そして焼きますが、絶対に焦げないでとても美味しくなります。焼きあがりは、口の中でとろける柔らかく甘い魚の白身が出来ます。噛む必要はほとんどありません。プラーパオは、雷魚、ティラピアやスズキなど様々な種類の魚で作られます。

ティダイーサン・レストランは、1 / 2-5ランナム通り、パヤタイ、ラッチワイで食べられます。

26.ヤムプラードックフー

タイ人のお気に入りは、ヤムプラードックフォーです。最初は、ナマズをふわふわに上げたもののように見えるかもしれませんが、マンゴー、砂糖、ライム、赤タマネギ、コリアンダー、エビ、イカ、ピーナッツソースを加えると、ふわふわした食感は、一口でタイの味と食感を全て合わせたザクザクした食感になります。

サイアム・パラゴン・モールの向かいにあるサイアムスクエアのクラム・レストランでは、素晴らしいヤムプラードックフーを味わうことが出来ます。ランチタイムには、学生やビジネスマンたちでいっぱいになって待っています。2通り、シアムスクエア、バンコク。

プーケットは、アンダマン海のタイ南部の島です。

多くの人がプーケットの世界的に有名なビーチとリラックスできるリゾートを考えていますが、私がプーケットについて考えると、おそらくすでに想像できるように、私は食べ物やレストランを考えています。

島の戦略的な位置と、中国、インド、ポルトガルとの長い歴史を持つプーケットは、タイで最も文化的に多様な目的地(島)のひとつです。

プーケットでは、素晴らしい南タイ料理、マレー料理、中華料理、さらにはインド料理を見つけることができます。島には熱帯の果物や野菜、新鮮なシーフードが豊富にあります。さらに、プーケットはタイで最も菜食主義的な友好的な目的地のひとつです。もしあなたが菜食主義者なら、あなたはたくさんの選択肢があります。

しかし、主要なビーチの町や村では、不幸にも地元のプーケット料理は利用できず、ほとんどのレストランは高価であり、準標準です。

しかし、プーケットタウンにはすばらしい地元のプーケットレストランと食べ物がありますので、ここで私がこのページで取り上げていることのほとんどは、プーケットタウン周辺のレストランです。

最高の食べ物とプーケットのレストランでは、いつかプーケットの町で過ごすのが一番です。あなたがプーケットに数日間休暇をとっていて、できるだけ多くの地元のプーケット料理を食べたいなら、プーケットを訪れてみてください。

私はプーケットの町が本当に好きです。現地採用として働くバンコクからは遠いので頻繁にこれないですが。さあ、地元のプーケットの最高のレストランに行きましょう。

ローカルストリートフード
ロックティエンはプーケットで有名なレストランで、バンコクの多くのタイ人がこの場所を食べなければならないと考えています。 レストランは、セミ・インルーム・フード・コートのようなもので、さまざまな料理を提供するコートの周りに設置された様々な永続的な食品カートがあります。 あなたはメニューを注文し、注文したら、各業者があなたの食糧を届けてくれます。 ロックティエンで食べる最も有名な食べ物は、メーンルンパットのホッケンサイエイです。黄色の麺は、卵を上にしてホッケンの方法で揚げました。 麺は煙で塩味があり、卵は豊富に提供された。 私はそれがプーケットの麺の素晴らしい一杯だと思った。

Hong Khao Tom Plaはタイの中華料理レストランです。いつも大声でシェフやスタッフが行動している店内です。 私たちはここで食べるのはトムヤムプラナムソイを含む料理です。これはプーケットのこのレストランの一番好きな料理、タレーパッドポンガリ、黄色のカレー 卵と一緒に食べます。 ここの食べ物はおいしかったし、環境とサービスも大好きだった。

14.ガイヤーン

ちょうどムーヤーンのように、焼き鳥はどこにでもあります。数メートル歩くだけでも焼きとりの臭いがします。焼き鳥は、スパイシーなソムタムともち米と一緒食べると最高に美味しいです。他の多くの料理と同様に、焼き鳥はバンコクのいたるところにあり、多くの場合、自転車やプッシュカードに付いている移動式屋台で美味しい焼きとりが食べられます。イサーンのどのレストランも焼き鳥を提供しています。

パハンヨティン通り1、ルーチャを散策して、焼き鳥を楽しんで下さい。

15.カオカームー

シナモンとアニスが香る甘みのある醤油で何時間も茹でた豚肉がカオカームーの特徴です。文字通り骨のすぐそばから切り出された脂ののった豚肉は、お皿に盛ったお米と一緒に食べます。この料理はよく、大きな金属製の鍋で蒸されて醤油色になっている豚足がよく見えるようにおいてあります。

バーアウ・レストランでは、甘くて塩味がきいたカオカームーを食べられます。骨のそばのから切り出された脂ののった豚肉にソースをかけて、ご飯と食べると美味しいです。パハンヨティン通り1、826ルーチャ通り、パヤタイにあります。

16.カオモクガイ

カオモクガイは、ビリヤーニーライスと似た、チキンスープとサフラン、ターメリック、カルダモンと月桂樹の葉で味付けされた米のイスラム教の料理です。鶏肉とお米が調理され、黄色になります。キュウリのピクルスとスパイシーなソースをかけた上に、炒めたタマネギとコリアンダーを乗せます。

美味しいカオモクガイは、シーロン、コンベント通りの屋台で売っていますが、他のものを打っている屋台より見つけにくいかもしれません。特徴的な黄色い米が入っている大きな鍋を探して下さい。ランチタイムに営業しています。

17.カオムーダン

広く利用出来るまた他の人気のある美味しい食べ物は、カオムーダンです。お皿に盛ったお米に、タイ風に焼かれた豚肉のスライスと、タイソーセージのスライスと半熟玉子をのせます。濃い赤色のバーベキューソースか、肉汁はご飯と豚肉とコリアンダーと長ネギの上にかけます。辛くなく、とても甘く、夜食にもおススメです。

ラッチワイ通りにあるラングアイジャブジャデン(ニックネーム:マイク)は6通りに近く、サイアムコンピューターと語学学校のすぐ近くにあります。

18.カオマンガイ

タイのチキンライスはシンガポールほど有名ではないかもしれませんが、それでも人気のある美味しい食べ物です。茹でた鶏肉は細かく切って、ご飯の盛られた皿に乗せます。ガーリックチリソースがとてもおいしく、料理にはチキンスープが添えられます。よく焼き鳥(カオマンガイトッド)と一緒に注文します。

ガイトーンは朝と昼食でお腹をすかせたお客さんでいつもいっぱいです。465/7センターと反対側、ラッチワイ通り。午前7時から午後7時まで営業しています。

ここの支店が日本にもありバンコクの味を東京渋谷などでも味わえます。

関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅代官山駅

19.ナントックムー

タイのナントックは文字通り滝を意味します。焼いたジューシーな豚肉はレモン果汁、長ネギ、唐辛子、ミント、ナンプラーと炒めた米を混ぜ合わせて、肉に美味しさを出します。肉から採った血もドレッシングに入れることから、この肉の滝という素晴らしい名前をつけるようになりました。

ティダイーサン・レストランでは。どんなものを注文しても間違いはありません。1/2-5ランナム通り、パヤタイ、ラッチワイ。

20.ラープムー

ライム果汁、ナンプラー、ミントの葉、タマネギ、唐辛子で味付けされた豚肉とレバーのひき肉と炒めたお米で作ります。この新鮮なタイの肉サラダの全ての味はソースに漬けたもち米がポイントです。

美味しい肉サラダは、ピンクラオの泊まりにある衣料品市場にあるピントンプラザのタムライ・レストランで食べられます。

ここでようやく半分まできました。

タイへのエキゾチックなバックパックの旅をする時間がなかったとしても心配しないで大丈夫です。自分の台所で、あなたの味覚に合った方法で、タイ料理を十分味わうことが出来ます。一度タイ料理の味に夢中になると、もう戻れません。

「苦手な味はありますか?甘い、塩辛い、スパイシーも、タイ料理には全ての味があります。」オレゴン州ポートランドとブルックリンのポックポーナイにあるポークポックの幹部シェフとオーナー、アンディ・リッカーは言います。「アメリカの料理は同じ味のものを一緒にしますが、東南アジアでは一度に違う味が味わえて、すべてがひとつに調和をなす訳ではないのです。肉類、ライム、魚のソース、唐辛子、玉ねぎ、レタスなどの違う味が一緒に味わえるヤムカイダオ(炒り卵のサラダ)は、ひとつの皿で味わえるビーフシチューのようなものです。ひとつのお皿で味わう、完全に言葉る味なのです。」

一番良いところ?それが複雑だからといって、作るのが複雑でなければならないわけではありません。「タイ料理はとてもシンプルです。」ニューヨークのナガムの代表シェフ、ホン・タイミーは語っています。「グリーンカレーを自宅で作るために必要なのは、グリーンカレーペースト、お好みの肉類、ココナッツミルク、そしてタイのバジルのようなつけ合わせです。地元のスーパーマーケットで手に入る基本的な食材で、みんなをあっと言わせることが出来ます。一般の認識とは違って、全てのタイ料理がスパイシーではなく、いくつかは激辛もありますが、たいていは甘酸っぱく、どんな味がするか楽しみです。

カレー(緑、赤や黄色)は人気があるタイ料理です。カレーはまず、タイのキッチンには必ずある乳鉢と乳棒でペーストを作るところから始まります。この道具は、ハーブを刻む代わりにすりつぶすために使って、香りが増して味を最大限に引き出します。もし乳鉢と乳棒を持っていなければ、タイミーのおススメはハーブをめん棒で軽く叩いて、成分を引き出すことです。

カレーにはお米がかかせません。「タイでは、米は食糧だけではなく、宇宙の中心です。その重要性はいくら強調してもし過ぎることはないです。」とリッカー氏は言います。「カレーはとても風味豊かに味つけられていて、少しのカレーでたくさんのお米を食べられます。_お米がメインなのです。タイ料理の中で最も人気なのは、ジャスミンライス(炊飯器で作ることができます)と、もう少し複雑で時間がかかりますがスティッキーライスです。また、肉が入ったスパイシーなサラダ(ひき肉、唐辛子、ミント、野菜)とお米が入っていることもあるし、タイ料理はマリネや焼くことが多いですが、焼いた肉と一緒に食べたり、またココナッツステッキーライスはマンゴーと一緒に食べたりします。

まとめ:台所でタイ料理を作る準備が出来たら、パッドタイから始めることはしないでください。中華麺を作るには準備時間がかかるので、自宅でタイ料理を気楽に作るにはおススメではありません。その代わりに、唐辛子、にんにく、スライスした玉ねぎ、セロリ、レタスにライム果汁入りドレッシングをかける炒り卵のサラダがおススメです。炒り卵を細かくしてサラダに加え、コリアンダーを上に乗せます。または、中華スープよりももっと濃い味付けのタイの伝統的な酸味のきいたスパイシーなスープから始めるのもおススメです。いずれにしても、お馴染みでエキゾチックで美味しそうなワンプレーやどんぶりが完成します。

リッカー氏は言いました。「タイ料理は普段の料理とは全く違うでしょう。風味を増すために馴染みないエビのペーストなどを作るのは本当に驚きで、本当に美味しく、その味は私を虜にしました。」

前回から空きましたが忘れてませんよ。既に40個は書き出しているので、ネタがない日に投稿していきます。

9.カオナペット

ローストダックは、肉厚、鶏肉よりもこってりとした味があるので、アジア全域で人気の料理です。タイのカオナペットは、スライスされたローストダックをご飯の上に乗せ、アヒルのソースをかけます。シンプルですが風味豊かなアヒルのスープはライスと一緒に食べます。アヒルがガラス製のキャビネットにつりさげられているので、ローストダックのお店は見つけやすいです。

ヤオワラット(チャイナタウン)では、フアセンホン・レストランで食べられます。371-373ヤワラート通り。

10.カイジュエームーサップ

誰もが料理出来る、タイ料理といえば、タイ風オムレツです。卵はナンプラーと醤油で味付けし溶き卵にして、豚ひき肉を加えます。材料が混ざった溶き卵をしっかりと焼き、ご飯に乗せます。よくチリソースをかけて食べます。

ライスがあるバンコクのすべてのレストランで、美味しいオムレツを食べることが出来ます。センチュリーモールから通りを渡って、ピタイ、ランナム通りにあるクンスーレストランもおススメです。

11.カオニュームーヤン

串刺しの焼き豚とスティッキーライスは小袋に入れられ、バンコクのあらゆる街角で食べることが出来ます。早く簡単で美味しく、気軽でお腹を満たせるということで、外出している時にぱっと買うことが多いです。カオニュームーヤンはどこでもあるので、見逃すことはないです。シラディエンBTS駅の近くのシロムでは、美味しい焼き豚の串を焼いている素敵な屋台があるコンベント通りの辺りをぶらぶら散歩してみてください。ランチタイムにその辺りに行くのがおススメです。

12.ムーダットデゥー

しっかり焼いた豚こま切れ肉は、濃い甘みのある醤油で着き込み、しっかり焼いて風味を増します。たくさんの豚肉にタマネギいっぱいの万能なチリソース(ジンジャオ)をかけて、もち米と一緒に食べます。

ピンクラオの隣にあるピン・ナン・マーケットのブロックR28-R29にあるタ・バン・トゥムでは、よだれが滴り落ちるほど美味しいムダットデゥーが食べられます。12時から9時まで営業しています。

13.ヤムコームーヤーン

この定評のある肉サラダは、ジューシーで柔らかいポークカツレツを焼いてスライスして、レモンの果汁、パセリ、タマネギと唐辛子を混ぜたものです。このサラダはイサーン料理には欠かせず、汁につけながらもち米と一緒に食べます。

美味しいヤムコームーヤーンは、104/30-34ランナム通り、パヤタイ、ラッチウィチーのテスコ・ロータス・エキスプレス・ランナムのすぐ外の通りの屋台でたくさん目にします。

ラファイエットはメキシコ料理の人気は依然として変わらず、トルタとタコスはエフライン、サンチアゴス、タコアヤヤイではよく見かけます。しかし5年前、ラファイエットの道路の南端のさびれた商店街からアジアンフードが突如として現れました。今ではこの地区はカレーとラーメンが溢れています。

ワネカ公園通りとS公道の角には、パナンタイ食堂があり、華やかで居心地がよいカフェスタイルと伝統的なタイ料理を合わせた料理を出しています。雨降りの月曜の夜でも人がいっぱいで、甘くスパイシーな鼻をくすぐるカレーの香りがドアから流れて来て、パナンの誘惑を断つのは難しかったです。

タイ料理は世界中で愛され、国際的な世界の美味しい食べ物リストに載っています。

だから、タイ料理の最も大きな支持者の一人(かつ当局者)がオーストラリアのミシュランの星のシェフ、デイヴィッド・トンプソンだということは不思議ではないです。トンプソンのタイ料理にへの情熱は、80年代後半のタイ旅行の後に始まりました。彼はタイ料理について学ぼうとしたが、食文化が世代を経て口頭で受け継がれてきたことに直面しました。それを学べる本は全くありませんでした。しかしついには、トンプソンは師匠を見つけて、2000年には伝統的なタイ料理を習うシェフ達を指導するようにとスワン・デュシットのタイ料理学院での指導をタイ政府から委任されました。

The Gardian(ガーディアン)紙紹介されていたデイヴィッド・トンプソンの記事(英語サイト)です。

「タイ料理は全く単純なものではない。」2010年にトンプソンはガーディアン紙に語っていました。「調和をなした仕上がりにするには、全く異種の要素をうまく取り混ぜないといけない。まるで複雑な音楽のコードのように、表向きはなめらかでなければならないですが、その下で何が起こっていても問題ではないです。単純という言葉では全くかけ離れています。西洋人はタイ料理は味をごちゃまぜにしたものだと思っている人もいますが、それこそがタイ料理の重要なポイントである、彼らが好む複雑さなのです。

タイ料理の複雑さは外国人が行き来することでその国の味をもたらして、自然に融合したことから来ています。

タイの多くの町では、路上の屋台ではタイ、中華、マレー料理の融合したものを提供しています。

そのような融合された料理のひとつは、インドネシア発祥のチャーハンだったナシゴレンです。しかし、今ではマレーシア、シンガポール、ブルネイやオランダ料理でさえも取り入れられています。ナシゴレンは名前の通りシンプルな料理で、玉ねぎ、にんにく、人参、キャベツ、えびのペースト、チキン、クルマエビが入っていて、最後に炒り卵を乗せます。

タイでは、ナシゴレンはカオパット(タイのチャーハン)と呼ばれ、パナンタイでは、メニューにナシゴレンと載っていますが、タイ風の味付けです。お米はトマト、玉ねぎ、ミックスエンドウ豆、卵、トマトソースで味付けされています。タイはパイナップルの土地で、甘い果物がほとんどありません。

パナンタイでは、必要なもの省かず何かを加えもしない、美味しいナシゴレンを提供しています。わくわくの感動があること、それは美味しく素晴らしい料理にとって重要なことです。チリソースを少しかけると、鼻をくんくんさせ、心をくすぐる甘く、スパイシーな風味を感じるでしょう。

スクムウィット

この地域(ここを通っている交通渋滞をする道路に因んで名づけられた)は、現在は海外から駐在者や、スターバックス、回転ずしが占める高級地区になっていて、お金があれば美味しい食べ物がついてくるようになっています。バンコクのチキンヌードルのお店の中で、クイティアオピークガイ サーイナムプン(18と20通りの間の392/20スクムウィット通り)は清潔さと魅力的な内装、美味しいスープヌードルメニューが特徴です。伝統的なお店にちなんで名付けられたこのお店のおススメは、スープヌードルクイティアオピークガイで、センミー(細米麺のビーフン)、センヤイ(中太米麺)、ゲイムミー(中華風手延べ麺)を選び、コトコト煮込んだチキンの出汁をかけ、最後に刻んだピーナッツ、千切りの青豆と一晩かけて蒸し煮した手羽先をのっています。

ハンナンスタイルのチキンライス(カオムンギ)_チキンの油で炒めた山盛りライスの上に蒸したり茹でたりしたもも肉かむね肉をのせるもの_はタイのストリートフードの代表的な料理です。地元の人達は朝食に香辛料とガーリックの効いたディップソースがついたスープたっぷりのチキンで、賞も取っているタン・メン・ヌードル(スクムウィット通り49の角)に立ち寄ることがおきまりになっています。いろいろなメニューの中で他のおススメは、クイティアオエンタフォー(発酵した豆腐の出汁のスープ麺)とパッドカパオモー(唐辛子とバジル炒めのぶた引き肉がのったご飯)があります。

イサーン(タイの北東部)の食べ物はシンプルで香辛料で味付けされているので、タイ人には最も人気があります。人気トップ3のグリルチキン(ガイヤン)、スティキーライス(カオニュー)や野菜サラダ(ソムタム)が定番のノムジットガイヤン(エカマイ通り18の角)は、地元の人に長く愛され評判の良いイサーン料理のお店です。

シーロムとサトーン

バンコクの中心的なビジネス街であるシーロムとサトーン通りはすぐに食べられる料理のお店が軒を連ねていて、グルメ志向のものはほとんどありません。しかし、数軒は短時間で安くて美味しい伝統的な人気メニューを出す店もあります。

カオソーイ(カレー味卵の麺)はおそらく北部のタイで最も有名な料理です。カオソーイは、中華風の麺、タイ中心部の影響を受けたココナッツミルクカレー、焼いた牛肉やチキンを混ぜ合わせたものです。首都でカオソーイを提供する数少ない店の中の一つのカオソーイシーロム通り3(シーロム通り3、ピパット通り)では、炒めた麺、玉ねぎ、生のエシャロット、カットした新鮮なライムでよく味付けされたやさしい味付けのココナッツスープと一緒に食べる平らな卵麺のどんぶりが食べられます。

屋台で人気のペッドサン(焼いた鴨肉)はタイのストリートフードが中華料理から来ていると裏付けています。厚いジューシーな鴨肉をカットして白米に乗せ、肉の脂っこさを消すピリッとしたチリソースと、鴨の骨や豚の出汁、苦みのあるメロンをスライスしたもので味付けされています。フォンアランブーンエク(33/16セントルイス通り3)では、麺やカレーの味の邪魔にならないシンプルな味の、代表的なものを食べることが出来ます。

シーロム./サトーン地域で正式ではないですが、長年愛され続けているバミーグア(82ランスアン通り、℡662 251 6020)は、中央ビジネス地区からすぐ近くにあるルンピニ公園の端の人通りのある通りにあります。このお店のおススメはお店の名前である「バミー」という中華風卵麺で、豚、チキン、イカ、魚のすり身団子や餃子(バメアーウィン)、細切りのハムやチキンを炒めて上にのせたものがあります。(イーミーは火曜、木曜と週末に食べられます。)

スファンラーン

イエローブリッジ地区はバンコクの人々の間で最も重要なストリートフードとして長く知られています。アーンサムサン(注文が入ってから調理する)腕のいい料理人、麺の屋台、デザートカートや、特別なお粥のお店などが軒を連ねていて、観光客を全て除けばスファンラーンはチャイナタウンに匹敵します。

お米のお粥は観光客からはあまり人気はありませんが、タイのストリートフードのファンの間ではメジャーなメニューです。お米の粒を残しているタイ風のお粥は、カオトムパラサファンルン(506/2-3パラナカレス通り、タイのバイロンアイスクリームと書いていある看板の正面にある)目玉料理です。牡蠣(ホイナングロム)か豚レバーを選べますが、一番人気はスズキ(プラカーン)です。

茹でたハイガイ(ホイクラン)はタイのストリートフードと言ったときに、おそらく最初に思い浮かぶものではないと思います。しかし、気取らない雰囲気のお店のジェイスリ(プラナカレス通り)は、新鮮なハイガイと刺激的で酸っぱいチリソースの美味しさで、数十年もの間、不動の存在です。スパイシーな水ミモザ(ヤムパクカラチャド、生のアスパラガスを連想させる)のサラダは地元の人の人気の一品です。

カノンパンサンカヤというデザート(ココナッツカスタードクリームをつけて食べる蒸しパン)はタイの路上屋台の中で人気のメニューですが、見つけることが難しいです。チャイ(506/1プラナカレス通り)のサンカヤパンは、魚のお粥のお店ですが、ここのクリーミーなサンカヤソースもおススメです。

チェンマイはタイ北部で最大で最も重要な都市です。

それは、宗教的な寺院や文化的な場所が集中している、国の主要な文化的、宗教的な首都の一つとして知られています。

しかし、私たちは歴史的なものより、もっと食べ物に興味があります。

チェンマイは、私が働いて生活するバンコクよりもはるかに小さい街ですが、食べ物については美味しいレストランがたくさんあり、長い間幸せに食事を楽しむのに十分です。

チェンマイでは、あなたの味の芽を新しくてエキサイティングな方法で打つ北部のタイ料理(ランナ料理)と、南タイ料理、中央タイ料理、またはイサン食品とは大幅に異なる一連の料理を発見します 。

チェンマイのどこに泊まる?

私は先述の通りバンコクに拠点を置いています。現地採用として働いているのもバンコク、生活しているのもバンコクです。そのため、チェンマイでは宿を探す必要があります。私は頻繁にチェンマイを訪れます。 私はかなりの場所に泊まっていますが、私たちが気に入っている場所は、現代風のフラッシュパッカーホテルであるSunshine Houseです。 ここは清潔で快適で、チェンマイの旧市街の壁のすぐ外側にあります。

高級ホテルの場合は、川沿いの美しいアナンタラ・チェンマイ・リゾートをチェックしてください。現地採用の私には到底泊まることは出来ませんが一度は泊まってみたいものです。

チェンマイのベストレストラン

それでは本題です。タイ料理を愛する人は、これらのスポットを見逃さないでください。

カオソイは、ココナッツミルクカレーで提供される黄色の卵の麺を含む非常に有名な北部のタイ料理です。 チェンマイのカオソイはどこにでもありますが、正直言ってカオソイの悪いボウルがたくさんありました。Khao Soi Khun Yaiは、私がチェンマイのカオソイの一番美味しい一杯と思われるものを提供する小さなオープンエアのレストランです。 カレーは色が赤褐色で、香辛料が詰まっていて、あまり甘くなく、とても風味があります。 私はいくつかの余分なローストした唐辛子、ピクルスしたマスタードの緑、カオソイのボウルを備えた赤いタマネギで味を盛り上げるのが好きです。

行き方:Chang Phueak Roadから旧市街の壁(堀を越えて)に入り、Sri Proomを右折すると、通りに寺院が見えます。 寺院を過ぎてゆっくりと歩いてください。

スキコカはタイのスキにドライスープバージョンを注文することができます。私は彼らのドライバージョンのファンです。いくつかの麺とナパのキャベツと大量の卵と豚肉を炒めます。 彼らのスキには、ゴマ油の香りがしっかりとしたタンギーソースが添えられています(これはタイ料理の典型ではありません)。

行き方:スキコカは、チェンマイのNorth Chang Phueak Gateに設置された屋台です。

私は5つの地域で料理されるタイの最も美味しい食べ物を見つけて、美味しいサテ、ヌードル、チキンライスなどの熱烈なファンになっています。

タイのストリートフードの世界は、時には驚愕するほど、刺激的です。バンコクでは知ってさえいれば、何時間でも食事を楽しむことが出来ます。ここでは、タイの首都の食べ歩きに最高の地域を紹介します。

チャイナタウン

バンコクのストリートフードは、タイのストリートフードの発祥の地と言われ、グルメにとっては最高の場所であるチャイナタウン(地元ではヤオワラットと呼ばれる)抜きには考えられません。そして、タイのストリートフードと言えば、肉を竹の串に刺して焼いてピーナッツのたれをつけて、キュウリ、カブ、砂糖で味付けしたトウガラシと一緒に食べる、サテも外せません。シンプルに思えるかもしれませんが、サテは奥深いです。チャイ・ポール・ヘンジャ神社の向かいの舗道にあるジェイ・イング(チャロンクラン通り105)では、柔らかく、少し焼き色が付き、ナッツソースがかかっている、ココナッツミルクで味つけられた肉が並んでいます。

人気の甘いスナックであるロッチョンシンガポールの元祖は定かではないですが、ある人は、米粉から作られた緑色の麺状のもの、シンガポールで人気のある中国風の料理に由来すると言ったり、また別の人は角切りパラミツの乗っている甘く冷たいココナッツミルクの飲み物が、「シンガポール」と書かれた店の前で売られたのが始まりだと言います。いずれにしろ、ロッチョンシンガポールはバンコクで初めて売られるようになりました。

タイ風スキヤキ_揚げた春雨、にんにくのピクスルたっぷりのチリソースのついた卵とシーフード_は写真映えするものではないですが、タイの最も代表的なストリートフードです。エルビス・スキ(200/37ヨドサエ通り)はタイ風スキヤキの老舗で、タイ風スキヤキの他にも、ガーリックバターで美味しく焼いたホタテ貝と、レモングラス、カフェライムリーフ、コリアンダーを中に詰めて焼いたスズキも食べられます。

オールドタウン

ランプーの木がかつてその地域の多くの運河を囲っていたことから名付けられた、バンランプーとして知られているバンコクのオールドタウンは、他では見ることの出来ないタイの伝統的なストリートフードの宝庫です。ここでは数世紀に渡ってとても有名な商人たちが何世代も経て料理のノウハウを培ってきました。

ゲーンカオ(カレーライス)はバンコクのストリートフードの定番です。朝食とランチのテイクアウトとして人気のカレーライスは、カレーと野菜炒めのチョイスが出来て、ご飯のお皿に一緒に乗せてもいいです。カレーライスで一番美味しいカオグェンラタナー(ナンレオン市場)などでは、熱狂的なファンに、その日に調理するものを決めるものであれば何でも試しに食べることが出来るようになっています。ラタナーでは、ゲーンキャオワーン(グリーンチキンカレー)とゲーンソングーン(エビ入り酸味のあるカレー)の人気のある料理もあります。

バンコクの最も美味しいお店と言えば、ジェイファイ(327マハチャイ通り)は市内でも最も高級なお店のうちの一つです。トムヤムタレイ(スパイシーレモングラス風味のシーフードスープ)は約1500バーツ(28ポンド)です。多くの地元のグルメたちが超高額な値段を嘆いているのも関わらず、料理の腕に文句をつける人はほとんどいません。野菜炒め麺類のオリジナルメニューの中で、最も人気なのはガイティエパッ・キーマオ(街で飲み遊ぶ人たちには「酔麺」や、たくさんの揚げた唐辛子と麺として知られている)です。

手作りのアイスクリームはバンコクでは典型的なストリートフードではないですが、ナタポーンアイスクリーム(タナオ通り94ファレン・プトンスクエア)は当初から腕を磨き、創業60年になりました。ココナッツミルクフレーバーが一番有名ですが、ナタポーンではマンゴー(マムアン)、チョコレート、コーヒーやタイ風アイスティー(チャエン)に加えてトッピングがありローストしたピーナッツ、トウモロコシの実、ハスの実、レッドビーンズ、細切りココナッツ、甘くしたプラムやココナッツスッティキーライスがあります。

4.パネンガイ

レッドカレーペーストでチキンを焼き、ココナッツクリームで味付けをした、辛くてスパイシーなレッドカレーが出来ます。最後に刻んだライムの葉っぱを振りかけて食べます。パネンガイは正確に作れば、舌先に触れた瞬間、口から火が出るほどの味がする料理です。

ポイシエン・レストランでは、濃いココナッツクリームソースは丹念に作られ、ライムの葉はいつも新鮮な、本当に美味しいパネンガイを食べられます。ラチャウィティ通り 6、ボーンメビル。

5.ゲーンマッサマン

マッサマンはハラル料理としてタイ南部発祥の甘みのかるカレーです。カレーソースは、カレーペースト、ココナッツミルク、ピーナッツの強い香り、かすかに香るナツメグとシナモンの風味がマッチしています。マッサマンは通常は鶏肉と、スポンジのようにココナッツミルクがしみ込んだ角切りのジャガイモで作られます。

バーン・アジャーン・レストラン、107 / 7-8ランナム通り、パヤ・タイ、ラチャヴィティ。 

6.ガイパッドポンカリー

チキン、タマネギ、トマト、唐辛子で風味よく作られたタイの黄色のカレーペーストです。溶き卵を入れることで濃厚な味になり、料理を素晴らしく美味しそうなります。お好みで風味を加えたい場合は、パセリをたくさん使ったりします。

センチュリーモールから通りを挟んでパヤタイ、ランマン通りに位置するクンス・レストランは油ぽくなく、ライトな美味しいパッドポンカリーを食べることが出来ます。

7.ゲーンジュード

より健康的なタイ料理の一つは、ニンジン、キャベツ、タマネギ、豚肉、豆腐、春雨を組み合わせた、鮮やかな野菜スープで、新鮮なパセリを添えたものです。ゲーンジュードは、色鮮やかな野菜が盛りだくさんで、他の脂っぽい料理にマッチします。

パイセイン・レストランでは、最高に美味しいゲーンジュード食べられます。ラチャウィティ通り 6、ボーンメビル。

8.ジムジュム

数人の友人と楽しい時間を過ごすのに、ジムジュムはおススメです。風味豊かな豚肉のスープの入った鍋を炭で温めます。生のアサガオ、キャベツ、肉(通常は豚肉とレバー)、溶き卵、春雨、そしてガパオで作ります。野菜と肉は鍋に入れられて、ゆっくりコトことと煮込まれ、美味しい栄養いっぱいのスープになります。

1/37 ラチャウィティ通り2、ディンディエン通り、サムサエンナイ、ファヤタイのラーブヤショーン・レストランではハーブいっぱいのジムジュムが食べられます。