バンコクの美味しいストリートフード1

水曜日 , 14, 6月 2017 Leave a comment

私は5つの地域で料理されるタイの最も美味しい食べ物を見つけて、美味しいサテ、ヌードル、チキンライスなどの熱烈なファンになっています。

タイのストリートフードの世界は、時には驚愕するほど、刺激的です。バンコクでは知ってさえいれば、何時間でも食事を楽しむことが出来ます。ここでは、タイの首都の食べ歩きに最高の地域を紹介します。

チャイナタウン

バンコクのストリートフードは、タイのストリートフードの発祥の地と言われ、グルメにとっては最高の場所であるチャイナタウン(地元ではヤオワラットと呼ばれる)抜きには考えられません。そして、タイのストリートフードと言えば、肉を竹の串に刺して焼いてピーナッツのたれをつけて、キュウリ、カブ、砂糖で味付けしたトウガラシと一緒に食べる、サテも外せません。シンプルに思えるかもしれませんが、サテは奥深いです。チャイ・ポール・ヘンジャ神社の向かいの舗道にあるジェイ・イング(チャロンクラン通り105)では、柔らかく、少し焼き色が付き、ナッツソースがかかっている、ココナッツミルクで味つけられた肉が並んでいます。

人気の甘いスナックであるロッチョンシンガポールの元祖は定かではないですが、ある人は、米粉から作られた緑色の麺状のもの、シンガポールで人気のある中国風の料理に由来すると言ったり、また別の人は角切りパラミツの乗っている甘く冷たいココナッツミルクの飲み物が、「シンガポール」と書かれた店の前で売られたのが始まりだと言います。いずれにしろ、ロッチョンシンガポールはバンコクで初めて売られるようになりました。

タイ風スキヤキ_揚げた春雨、にんにくのピクスルたっぷりのチリソースのついた卵とシーフード_は写真映えするものではないですが、タイの最も代表的なストリートフードです。エルビス・スキ(200/37ヨドサエ通り)はタイ風スキヤキの老舗で、タイ風スキヤキの他にも、ガーリックバターで美味しく焼いたホタテ貝と、レモングラス、カフェライムリーフ、コリアンダーを中に詰めて焼いたスズキも食べられます。

オールドタウン

ランプーの木がかつてその地域の多くの運河を囲っていたことから名付けられた、バンランプーとして知られているバンコクのオールドタウンは、他では見ることの出来ないタイの伝統的なストリートフードの宝庫です。ここでは数世紀に渡ってとても有名な商人たちが何世代も経て料理のノウハウを培ってきました。

ゲーンカオ(カレーライス)はバンコクのストリートフードの定番です。朝食とランチのテイクアウトとして人気のカレーライスは、カレーと野菜炒めのチョイスが出来て、ご飯のお皿に一緒に乗せてもいいです。カレーライスで一番美味しいカオグェンラタナー(ナンレオン市場)などでは、熱狂的なファンに、その日に調理するものを決めるものであれば何でも試しに食べることが出来るようになっています。ラタナーでは、ゲーンキャオワーン(グリーンチキンカレー)とゲーンソングーン(エビ入り酸味のあるカレー)の人気のある料理もあります。

バンコクの最も美味しいお店と言えば、ジェイファイ(327マハチャイ通り)は市内でも最も高級なお店のうちの一つです。トムヤムタレイ(スパイシーレモングラス風味のシーフードスープ)は約1500バーツ(28ポンド)です。多くの地元のグルメたちが超高額な値段を嘆いているのも関わらず、料理の腕に文句をつける人はほとんどいません。野菜炒め麺類のオリジナルメニューの中で、最も人気なのはガイティエパッ・キーマオ(街で飲み遊ぶ人たちには「酔麺」や、たくさんの揚げた唐辛子と麺として知られている)です。

手作りのアイスクリームはバンコクでは典型的なストリートフードではないですが、ナタポーンアイスクリーム(タナオ通り94ファレン・プトンスクエア)は当初から腕を磨き、創業60年になりました。ココナッツミルクフレーバーが一番有名ですが、ナタポーンではマンゴー(マムアン)、チョコレート、コーヒーやタイ風アイスティー(チャエン)に加えてトッピングがありローストしたピーナッツ、トウモロコシの実、ハスの実、レッドビーンズ、細切りココナッツ、甘くしたプラムやココナッツスッティキーライスがあります。